スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
みちくさ(海鮮料理)
- 2011/04/30(Sat) -
こんにちは!
今回はカフェ日記じゃなく料理日記です><


ちょっくら用事で和歌山県海南市まで行きました。

折角なので、
和歌山観光情報:食旅・ご当地グルメ(新規ウィンドウで開きます) を参考に、

海南市は 「じゃこめし」 が美味しいとのことで

行って参りました。

みちくさ

s-DSC00933.jpg

海南駅から、迷いながら歩いて大体20分強くらいかな(女性の足で)。
1人で入れるかなぁと、迷いながらいざ潜入したら1人客余裕でした!

入って目にした光景は、座席にねっころがってるおばぁちゃんwwwwwwww
ちょ、大丈夫か?!と思いきや、ただ単にテレビを見てるだけでした(笑)。
一瞬民家と思ってヒヤッとしたよ・・・。


s-DSC00938.jpg


昔ながらにあるお店みたいに、1階は
畳と座布団の掘りごたつみたいなカウンター席、
畳部屋の個室、レジ、お手洗いで構成されていた。

1人だったのでカウンター席に座る。
料理の前に、ビックリしたことは

お手洗い


トイレ。

女性の方は入る前にノックするなり気を付けたほうがいいよ!
キャー!(*ノωノ)的な意味で!!
店が広かったらこそ特権やね。 



話を戻して、


s-DSC00934.jpg



あたりを見渡すと、海南ブランドの表彰状が・・・!
そして水槽の中で生き生きと動くエビちゃん。



s-DSC00935.jpg



料理が楽しみである。


あたしが頼んだのは、いうまでもなく
「じゃこめし」

s-DSC00940.jpg



頂きます!


じゃこに梅にしそ、あとは何だろう、香辛料を加えた『じゃこめし』に、
ワカメと豆腐のお味噌汁を加えて¥630。
 
じゃこは言うまでも無く、
梅がカリッとして特にすっぱくもなく、青しそ赤しそが美味しく組み合わさってた!

確か、じゃこめし(500円)、オプションでお味噌汁(100円)だったと思う。

たくあんの奥は、お茶用の器。
後からおばぁちゃんが、きゅうすに沢山のお茶(3~4杯分)を入れて来て下さいました。
 
ほんのり(*´∀`*)
 おばぁちゃん可愛かったv



和歌山なんて人生2度目だったので、
そのお店でちゃんとお土産買って帰ったょw

s-DSC00936.jpg


写真上にある、「じゃこくん」(¥840)


s-DSC00941.jpg



あたしより、お母さんが気に入って
ガツガツごはんにかけて食べてました(爆。




*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

みちくさ
(魚介料理・海鮮料理、懐石・会席料理)

TEL:073-482-5040
住所:和歌山県海南市船尾201-23
   (海南駅から994m)

営業時間 【平日】
昼AM11:00~PM2:00
夜PM5:00~PM10:00

【土日祝祭日】
AM11:00~PM10:00

定休日:火曜日(祝祭日又はその前日の場合は営業しております)
※ 火曜日でも予約の場合は営業はさせて頂きます※

ぐるなび は、こちら 
スポンサーサイト
この記事のURL | 海南(和歌山) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤い鳥
- 2011/04/23(Sat) -
こんにちはー!
お久しぶりいや初めましての域ですね、この2年ぶり・・・。
その間でも沢山美味しい喫茶店を巡ったのですが、言い訳でs。
気まぐれに更新しますょ(*´∀`*)



★★★

気をとりなおして・・・

今回紹介するのは
心斎橋にあるココア専門店です。


「赤い鳥」

いや、
美味しい喫茶店を求めてあそこどこそこブラリブラリとか
青い鳥症候群とかじゃないんですよ。え?微妙に論点違う?
や、言ってみただけです。ホント。ええ、あ、ごめんなさい。
しゅーん(´・ω・`)



s-DSC00928.jpg


「心斎橋駅」からね、大丸沿いに沿って進んだらあるのだけど、
実際、行ったときに進みすぎちゃって遠く遠く目的地から離れたのも良い思い出。
「赤い鳥」についたとき、横の喫茶店みたことあるなー…と思ったら、

前行った「ブルンネン」っていう果物が美味しい喫茶店でした!\^ω^/なんだと・・?!



ぶるんねん表面

わぁ懐かしい。


ととと、話を戻して

s-DSC00921.jpg


中に入るととてもレトロな雰囲気。
小学校の学習机をオシャレに再利用する店主さんのセンス…やりおる!



s-DSC00922.jpg


客席は10席あるかどうかと、他と比べて少なめだったけれど、
1つ1つの席が個性的で、同じ形状をしていなく、どの席に座ろうか迷った。



s-DSC00923.jpg


丁度私と友人が来たときは、お店独占状態だったけれど、
注文した後ぐらいに、10代頃の女性客組、30代頃のスーツを着た男性客が訪れていたよ。




★★★

ではお待ちかねのメニュー

s-DSC00925.jpg


一言で言えば大人なココアデザート

チョコレートアイスにラム酒とココアを上手く絡めたのを上からかけて、
生クリームとシナモンを添えた飲み物…よりもむしろデザートだったょコレ。
ちなみに¥740。


他にも、ココアなのにビールだとか、始めてみる組み合わせがあったり。
ガッツリ食べるデザートは無く、あくまでメインはココア。そんなメニューでした。
友人はココア(HOT/ICE)とデザートのセット。(大体\1050だったかな、うろ覚え)
ちなみにHOTココア頼んでたよw



s-DSC00924.jpg


そして、私たち2人が頼んだデザートは・・・
赤い鳥の喫茶ブログ周ってたら見かけるだろう


This!!!



s-DSC00926.jpg


あたしは大体喫茶で使われるチョコフレークは苦手なんだけど、
これは「良い仕事してるわチョコフレークよ・・・」と心の中で大絶賛!
鳥クッキーが可愛くてすぐ食べたわ。(・∀・)!

内心「うっひょぉ!」と思いながら、上品に頂きました。




店員さんは、エスニックな民族エプロンを着ていると思いきや、
後ろに日本らしい江戸っ子風な顔がぽぽぽぽ~んと。

な、なんて表現すればいいんだ・・・?!
とりあえず、個性的なおばさま店員さんでした。

店員さん「メニューは写真NGだけど、他は良いよ。」とのことで。




ココアなんて甘過ぎてヤダ!と思う人にも、
一回騙されたと思って来てみてください。

お酒が入ったチョコレート・・・
ウィスキーボンボンみたいなココアが飲めますよ!




*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

店名:COCOA SHOP AKAITORI (ココアショップ アカイトリ)

電話:06-6211-6638
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-25 金子ビル2F

交通手段:【各線なんば駅より徒歩5分】【心斎橋駅から368m】
営業時間:12:00~20:30
定休日:水曜(祝日の場合営業、翌日休)

この記事のURL | 心斎橋(大阪) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
ぶろぐ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。